胃下垂の人はこんな症状にも苦しんでいます

 胃下垂は、一見無関係に思われる様々な症状と絡み合っています。これは多くの方々から胃下垂と共に何年も苦しんだ様々な症状が見る見る改善されたと喜びの声をお寄せいただいていることに裏づけされています。

 

http://www.space-akasya.com/category/1188627.html (体験者の声)

 

あ 胃もたれ・胃が重い・胃がむかむかする・朝から疲れている・アトピー・息切れ・

 お腹が張る・鬱・腿の外側を押すと痛い・お腹に力が入らない ・息が苦しい・ 顎のずれ

 

か 肝臓の打ち響き・過呼吸・外反母趾・肩コリ・下痢・気力が出ない・体が硬い・

逆流性食道炎・声が出し辛い・気鬱・腱鞘炎・ゲップ・ 首筋の張り ・呼吸が苦しい

逆気 ・筋肉の下垂

 

さ 咳・背中の痛み・深呼吸が出来ない・側湾症・下腹ポッコリ・ストレス・ 全身の

  シミ・集中力が無い・子宮脱・痔・頭蓋骨の変形・腎臓下垂・ 絶壁頭 ・残尿感・

   生理不順

 

た たれ尻・長座ができない・乳房の形の違い・動悸・食べ物が詰まった感じで喉を通らない・だるい

 

な 尿漏れ・咽喉の違和感・のぼせる事がある・猫背・のぼせ

 

は 吐き気・頻尿・不安感に襲われる・便秘・ヘルニア・臍の周りを押すと痛い・

  膨満感・脾臓の打ち響き・偏頭痛・膀胱脱 ・パニック ・歯の噛み合わせ

 

ま 胸やけ・慢性疲労・胸に空気が入らない・胸の辺りがスッキリしない・むくみ・

右手人差し指の手首よりに腱鞘炎・右肩下がり・

 

や 遊走腎・腰痛 ・肋骨の非対称

胃下垂に関連する様々な症状

医師に相談に行っても血液検査やレントゲンで検査しても異常なしと診断されるのが普通です。ですが患者さん本人はとても苦しいのです。

食事をするとすぐに胸焼けのような感じになる
胃が「チャポン・チャポン」と音がする
猫背で背中が張って痛い。
肋骨の胸の厚さが薄く、深呼吸しても空気が入らない。
肩こり・腰痛が辛い。
疲れやすく慢性疲労から抜け出せず、『ウツ病』かもと思うほど。
動悸・息切れがして、喘息のような症状が出ている。

これらはみんな胃下垂と関連があります。

信じがたいでしょうが、『スペースアカシャの60分の基本コース整体』で胃下垂・腰痛・背中の張り・動悸・息切れ・歯の噛み合わせ・耳鳴り・首痛・肩こりを同時に半減させます。

胃下垂と坐骨神経痛

胃下垂と坐骨神経痛は一見無関係のように思える症状ですが、坐骨神経痛は股関節のズレから起きるもので、その股関節のズレが胃下垂の人はなりやすいのです。
どうしてかって?
胃下垂で筋肉に弾力の無い人の全身をイメージしてください。お尻の当たりはどうなっているでしょう。そうです。垂れ尻なんですね。この垂れ尻は股関節が開いた体型になり、胃が下垂してお臍の下に落ちやすいですし、坐骨神経に圧迫をかけやすいのです。

ヒップアップと胃下垂

 

胃下垂の人は筋肉や筋膜の力が弱いのですから、下垂するのは胃だけとは限らず、骨盤も下垂するのです。

胃下垂の原因にもなっている骨盤の下垂。特に坐骨が下垂すると、いわゆる『垂れ尻』です。ヒップアップの施術を行なっておかないと胃下垂は再発します。なぜなら、下腹部にスペースができることと、骨盤全体にネジレが出来てお腹を中心に血行不良が起きるからです。

 

ヒップアップの必要なお尻の見分け方についてですが、鏡に映しても自分ではなかなか判別できません。お母さんなどに見てもらいましょう。見方はうつ伏せに寝てお尻と太ももの境のシワ(臀溝)が左右対称かどうかです。

 

お尻の形を見てくれる人がいない時は、手のひらの感触でわかります。下がった側のお尻はなんとなく筋肉に張りがなく、下がったお尻は腿にも影響があって、腿の前面が突っ張って足を上げにくくなります。

また、下がったお尻の反対側の尻ッペタや腿の裏側が痛いとか、突っ張っていれば、垂れ尻です。そしてその痛みはやがて坐骨神経痛になるでしょう。

 

胃下垂を治すと色々な症状が改善されるわけ

胃下垂を治すと一見無関係に思われる様々な症状が改善される別項のような事実が、患者様の声として寄せられています。これはどうした事でしょう。そのわけを当院は「本質が同じだから」と考えます。

例えば頻尿と椎間板ヘルニアは全く無関係に思われます。しかし、どちらも身体の組織を引き締める力が弱く、筋・筋膜組織の緩みから起きた症状です。

そして、筋・筋膜の緩みという点では胃下垂も、大腸下垂も、遊走腎も肝臓下垂も皆同じです。 逆に言えば、全身に気を廻らす中心は胃なので、胃下垂を治してその機能が充分に発揮されれば、下垂していた全ての臓器に活力が復活するのです。

 

 

 

どうして、筋・筋膜の緩みは起きるのでしょうか

当院では筋・筋膜の弛緩はこりに原因があると考えています。

筋膜は別に記述したとおり、人体は皮膚の下を全身を包むように膜に覆われていて、さらに筋肉を包む膜、内臓を包む膜と、二重、三重と膜に覆われています。さらに肩がこれば肩の筋肉と共に、筋膜は背中を吊り上げるように引き上げます。すると、それに反発するようにお尻の筋膜は坐骨方面に引き下げ、背中の筋膜は張り詰め猫背となります。肩凝りは一般的に右側が強いので体全体が捻れます。

その結果、雑巾を絞った時の内部のように、筋・筋膜は張り詰め、毛細血管を塞いで血行不良となり、そして全身の細胞が酸欠・栄養失調となります。

やがて、酸欠で栄養不足となった胃及び内臓を支える筋・筋膜は弾力を失い、内臓を支えきれなくなった筋膜は弛み、体の全組織が下垂を起こし、内蔵機能に支障をきたすようになります。

 

 

 

 

胃下垂の前兆や体の下垂を自分でチエック 

胃下垂と頻尿とヘルニアと遊走腎は筋・筋膜が緩んでいる点では、体の症状の本質は同じというお話をしました。

下記の症状は筋・筋膜が緩んでいる点で体の症状の本質が共通するものを並べたものです。

では、胃や内臓下垂の前兆に気付く為に次の項目にご自分でチエックしてみましょう。

 

あ  胃もたれ・胃が重い・胃がむかむかする・朝から疲れている・アトピー・息切れ・

 お腹が張る・鬱・腿の外側を押すと痛い・お腹に力が入らない ・息が苦しい・ 顎のずれ

 

か 肝臓の打ち響き・過呼吸・外反母趾・肩コリ・下痢・気力が出ない・体が硬い・

逆流性食道炎・声が出し辛い・気鬱・腱鞘炎・ゲップ・ 首筋の張り ・呼吸が苦しい

逆気 ・筋肉の下垂

 

さ 咳・背中の痛み・深呼吸が出来ない・側湾症・下腹ポッコリ・ストレス・ 全身の

  シミ・集中力が無い・子宮脱・痔・頭蓋骨の変形・腎臓下垂・ 絶壁頭 ・残尿感・

   生理不順

 

た たれ尻・長座ができない・動悸・食べ物が詰まった感じで喉を通らない・だるい

 

な 尿漏れ・咽喉の違和感・猫背・のぼせ

 

は 吐き気・頻尿・不安感に襲われる・便秘・ヘルニア・臍の周りを押すと痛い・

  膨満感・脾臓の打ち響き・偏頭痛・膀胱脱 ・パニック ・歯の噛み合わせ

 

ま 胸やけ・慢性疲労・胸に空気が入らない・胸の辺りがスッキリしない・むくみ・

右手人差し指の手首よりに腱鞘炎・右肩下がり・

 

や 遊走腎・腰痛

 

これらの症状があるからといって全てが胃下垂とは限りません。しかし、内臓が酸欠、栄養不足になる前に、お早めにご連絡下さると、確実に施術回数は少なくてすみます。ご連絡をお待ちしています。

 

         03-5809-6319 胃下垂対応超ソフト整体 スペースアカシャ

大冒険でした。

4月1日、2日の両日はお世話になり、ありがとうございまいた。
「胃下垂が整体で治る!」  ふと耳にした言葉がきっかけで、最近気になっていた症状が胃下垂が原因かもしれない、と思いました。。そこで真剣にネットで検索、アカシャ整体院さんにたどり着きました。そこには口数は少ないけど穏やかな先生と明るくハキハキしたスタッフさんが。ホッと肩の力が抜けました。昨日(4/7)家族の者にサークルチェックをしてもらいました。「おー、ちゃんと上にあるやん!」(笑)「当〜然よ!!」(笑)
1回の尿量が増えて、便秘が解消して、胸で呼吸すると体が暖かくなって・・・・・。内臓たちに窮屈な思いをさせていたんだなぁ〜と思い、「ごめんね、重かったね。」と謝りました。おなかが空いた、がちゃんと感じられます。今はまだよい姿勢を保つのがちょっとしんどかったり、ウォーキング中に姿勢を正し直したりしていますが、きちんと呼吸出来て筋肉、筋力がつけば大丈夫、と楽しみです。
まもなく74才の私の大冒険は、大阪から飛行機に乗って、電車を乗り継いで初めての場所へ。そして独りでホテルに泊まって。なかなか行動に移せない私は最初ためらいました。でも・・・出来ました。やれば出来るものです!すべてがつつがなく無事に終わり感謝です。
ここに行ってみよう、これをやってみよう、と感じたことを行動することが大事なんだと思いました。皆様に最善を尽くして頂いたから、ここからは私がしっかりと向き合います。教えて頂いたことを守りながら、残りの人生を元気に楽しめるように頑張ります。先生、スタッフの皆様、多くの人々を元気にするお仕事は素晴らしいです。これからも沢山の人が元気になります様に。ありがとうございました。

                大阪府 H.M様